ピアノ講師です、人は見かけによりません


by ixeh5p4gkf

カテゴリ:未分類( 63 )

 インフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、1月25-31日の週は6.46で、前週より2.57ポイント減少したことが2月5日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。45都道府県で前週よりも減少し、注意報レベルの10を超えたのはわずか4県だった。注意報レベル以上の都道府県が1けたになったのは昨年9月28日-10月4日の週以来。

【都道府県別の表詳細の入った記事】


 10を超えたのは、沖縄(18.88)、山梨(14.05)、福井(13.41)、静岡(12.15)の4県で、前週より15県減った=表=。一方、最も少ないのは青森(1.51)で、次いで北海道(1.58)、秋田(2.15)、山口(3.41)、山形(3.54)の順だった。
 警報レベルを超えたのは40保健所(17県)、注意報レベルのみを超えたのは43保健所(18都道府県)で、いずれも前週の半数以下にまで減少した。

 定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より13万人減の約35万人。検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になった昨年7月6-12日の週以降の累積では約2006万人となり、2000万人を超えた。


【関連記事】
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル
インフル定点9.03、8週ぶり増加
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル

<近鉄子会社>63億円架空計上 刑事告訴検討(毎日新聞)
拳銃マニア、手製の拳銃4丁所持で逮捕 大阪府警(産経新聞)
民主新人、39人が資産ゼロ=1億円超の元証券マンも−衆院資産公開(時事通信)
公益法人の事業仕分け実施=行政刷新会議に先行−国交相(時事通信)
【十字路】テッポウウオ、ハートの標的を狙い撃ち(産経新聞)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-11 11:49
 節分の3日、大阪府寝屋川市の成田山不動尊(成田山大阪別院明王院)で恒例の豆まき式があり、福豆をつかもうとする1万5000人(主催者発表)の参拝客で熱気に包まれた。

 境内には全長約200メートルの特設舞台が設けられ、午後までの計3回の豆まきに落花生など約2トンを用意した。午前10時半からの1回目には、NHKの連続テレビ小説「ウェルかめ」に出演する女優の倉科カナさんや俳優の石黒賢さんらが登壇。「不動明王がいる境内には鬼はいない」とする不動尊独特の言い伝えから、「福は内、福は内」だけの掛け声とともに豆をまいた。【北川仁士】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分:「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事
節分:本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社

参加を受信料支払者に限定=NHK番組おかあさんといっしょ(時事通信)
家宅捜索で容疑者が自殺未遂=護送責任者ら処分−北海道警(時事通信)
「轟音」「つんのめった」…トラック突進の様子証言(産経新聞)
<多額窃盗>国内20〜30件関与か…香港で逮捕の爆窃団(毎日新聞)
「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-10 11:21
 第68期名人戦B級1組順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の久保利明棋王(34)と豊川孝弘七段(42)の対局が8日、大阪・関西将棋会館で行われ、久保が勝って9勝2敗となり、1局を残してA級への昇級を決めた。

 久保は兵庫県加古川市出身。昨年、初タイトルの棋王位を獲得した。現在、王将戦で羽生善治王将(39)に挑み、棋王戦で佐藤康光九段(40)の挑戦を受けている。A級には3期ぶりの復帰で、来期が通算6期目。もう一人のA級への昇級者は渡辺明竜王(25)で、5日に決まっていた。

【関連ニュース】
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級
将棋:74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢
将棋:羽生が馬を作る 王将戦七番勝負第2局2日目
将棋:久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局

日弁連会長戦、初の再投票に=法曹人口問題が争点−得票、規定に達せず(時事通信)
小沢氏、自民離党の田村議員に民主入り要請(読売新聞)
免停中も不正免許で公用車運転 “副業”で代行運転中に死亡事故起こした元高崎市職員、追送検 群馬・伊勢崎署(産経新聞)
「誇り持って任務遂行」 ハイチPKO、陸自宇都宮駐屯地から先遣隊(産経新聞)
<大雪>JR中央線高尾−大月間の上下線で運転見合わせ(毎日新聞)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-09 16:35
 神奈川県警が2003〜08年度の6年間に、架空発注で業者に現金をプールする「預け金」など総額約13億円に上る不正経理を行っていたことが5日、県警の内部調査でわかった。

 私的流用は確認されていないという。県警は、監督責任のある幹部や不正経理にかかわった職員を処分する方針。

 5日午後の県議会常任委員会で調査結果を公表する。調査によると、預け金は7億円に上り、図書券として納入させ、換金するケースもあった。翌年度に納入されたのに現年度に会計処理する「翌年度納入」や、請求の名目以外の物品を納入させる「差し替え」などの手口も判明した。

 昨年実施した県警職員へのアンケート調査で、81人が「預けに関与した」などと回答したため、県警は今年1月、約60人の調査チームをつくり、不正経理に関与した可能性がある業者らに対する帳簿の確認や聞き取りなどをしてきた。

 同県庁では、07年度までの5年間に総額約14億5157万円の不正経理が判明し、少なくとも約2850万円を私的に流用したとして、職員3人が懲戒免職処分となっている。

 千葉県警は4日、08年度までの6年間で総額約5億7000万円の不正経理があったと発表している。

長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」−さいたま地裁(時事通信)
福島・社民党首、辺野古移設「許さない」(読売新聞)
船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
介護保険の事務手続き見直しで意見募集―厚労省(医療介護CBニュース)
<参院代表質問>「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-08 23:02
 厚生労働省は2月3日から、介護保険についての書類や事務の手続きが煩雑で、関係者の負担になっているとの声を踏まえ、事務手続き見直しのための意見募集を始めた。期間は3月31日までで、電子メールや郵送、ファクスで受け付ける。

 介護保険制度上の事務手続き見直しをめぐっては、長妻昭厚労相が1月22日の衆院予算委員会で、「申請する書類が大変だ」という介護事業者の声を紹介し、ホームページなどで事務手続き見直しのために意見を募集する意向を示していた。
 厚労省の担当者によると、これまでの法改正や介護報酬改定などにより、制度の複雑化や事務の肥大化を招いているとの指摘もあることから、介護事業者や従事者、利用者や自治体関係者などから幅広く意見を募集することにしたという。

 具体的には、介護保険制度上の提出書類に記載する項目や様式、書類の提出頻度などの見直しを想定しているという。寄せられた意見については、分類・検討した上で、今年半ば以降に具体的な見直し策に反映させていくとしている。


【関連記事】
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官
介護保険法施行法改正案など閣議決定―政府
介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査
介護職員処遇改善交付金で要望書―介護1000万人の輪
要介護認定の調査方法で意見募集―厚労省

投資会社「サンラ・ワールド」 上場祝賀会で数億 滞納家賃に充てる?(産経新聞)
小沢氏「刑事責任問われれば、進退を判断」(産経新聞)
石川被告はさばさば「国会議員執着ない」(産経新聞)
高校無償化 朝鮮学校は「これからの議論」 文科相(産経新聞)
民主、景気認識ただす=10年度予算が実質審議入りへ−衆院委(時事通信)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-08 02:01
 昨年8月の衆院選で小選挙区埼玉13区から無所属で立候補した際、運動員に報酬を支払う約束をしたとして、公職選挙法違反(買収)に問われた元衆院議員の武山百合子被告(62)(埼玉県春日部市)の判決が2日午前、さいたま地裁であった。

 若園敦雄裁判長は、懲役1年6月、執行猶予5年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

 判決によると、武山被告は昨年7月31日頃、春日部市内の事務所などで、運動員4人に対し、選挙運動用のビラ配りなどの報酬として時給900円または1000円を支払う約束をした。

高速道路無料化、30でも35でもない週明け発表(レスポンス)
知人女性から7000万詐取か=「遺産で返す」−容疑で59歳女逮捕・警視庁(時事通信)
香港に捜査員派遣=銀座・高級時計窃盗で警視庁(時事通信)
検挙水準落とさず可視化を=有識者研究会が初会議(時事通信)
報告書「大久保秘書に見せた」=石川議員が供述−提出前、「内容了承」(時事通信)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-07 04:52
 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月5日の総会で、入院中に「リンパ浮腫指導管理料」を算定した患者に対し、その医療機関が退院した同じ患者に外来で指導管理を行った場合、同管理料を再算定できるとの要件を加えることを了承した。

 現行では、リンパ節郭清の範囲が大きい乳がんや子宮がんなどの手術を行った患者に対し、入院中の1回に限り算定できるが、これを外来に拡大する。同管理料を算定した入院患者が手術を受けた病院などを退院後、退院した月か翌月にリンパ浮腫の重症化を防ぐ指導を同じ医療機関で再び実施した場合に、1回のみ算定できる。


【関連記事】
【中医協】「院内トリアージ体制加算」を新設へ
【中医協】「後発医薬品使用体制加算」の新設を了承
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価
【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承

花組トップ娘役に蘭乃さん=宝塚歌劇団(時事通信)
鳩山首相 山梨に地方行脚(毎日新聞)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)
前副知事、一任受け便宜か=高齢者医療運営の団体設立で−福岡県警(時事通信)
37路線50区間を対象に=来年度の高速道路無料化−前原国交相(時事通信)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-06 09:11
 ■鳩山首相は社民に配慮 埋まらぬ溝

 鳩山由紀夫首相は3日の参院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、「固定化は何としても避けなければならない。また元に戻ることはしないという決意で、議論している」と述べ、あくまで移設を目指す考えを強調した。継続使用の可能性に言及した岡田克也外相に対し、社民党などが反発したことに配慮を示したものだ。ただ「岡田発言」の真意を探ると、安全保障に関する政権内の深い亀裂に突き当たった。(加納宏幸)

                   ◇

 「昨日は言い過ぎました」

 岡田氏は2日午前、平野博文官房長官から前日の記者会見で「ほかに候補地がなければ普天間が今のままということもあり得る」と語ったことの真意をただされると、こう釈明した。

 もっとも岡田氏は2日夜の会見でも、「最悪の場合は今のままということになりかねない」と述べた。岡田氏も継続使用を容認したわけではないが、「最悪の場合」を繰り返したのは、現状への「危機感」(岡田氏)があるためという。

 政府・与党は沖縄基地問題検討委員会で、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(現行案)に代わる新たな移設先を検討中だが、社民党は与党内でも実現困難との見方が強い米領グアム島への移設を持ち出すなど、議論が収束する見通しがまったくたっていない。

 しかし、与党内の議論を現実路線に軌道修正を図ろうとした岡田氏の思いは社民党には通じなかったようだ。3日の参院本会議で首相を“追及”したのは、同党参院議員で、沖縄県出身の山内徳信氏だった。

 「(岡田発言は)米国の『居座り論』と同じ発想だ。後ろ向きの発言は苦しみ続けてきた沖縄県民を愚弄(ぐろう)し、宜野湾市民を恐怖から救うものではない」

 岡田氏を痛烈に批判した山内氏に対し、首相は岡田氏を積極的に擁護しようとはしなかった。

 岡田氏は普天間飛行場と同じ沖縄県にある米軍嘉手納基地の「統合案」を提起し、批判されたことがある。今回も混乱に拍車をかけている。

 「岡田氏は普天間存続を含むといい、首相は存続はないという。閣内で意識が違うことが問題だ」

 自民党の石破茂政調会長は3日の記者会見で、政権内で意思統一がとれていないことを批判した。

総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
子ども手当満額困難に=峰崎財務副大臣も表明−11年度以降(時事通信)
サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
香港に捜査員派遣=銀座・高級時計窃盗で警視庁(時事通信)
連続不審死 埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-05 12:27
 民主党の小沢一郎幹事長の1日の定例記者会見は、司会者が小沢氏の次の日程が迫っているとして質問を途中で打ち切ったため、時間はわずか約17分間だった。小沢氏の会見は前回も約20分間で取りやめられた。同氏は「国民に説明すべきことは説明する」としているが、実際の対応との整合性が問われそうだ。
 小沢氏が東京地検による2度目の聴取を受けたことが判明したこともあり、1日の会見開始時間の午後5時には多数の報道関係者が党本部に集まった。
 小沢氏は約5分遅れで会見場に到着。2回目の聴取について約3分間説明した後、質問を受けたが、5問目を終えたところで司会役の細野豪志組織・企業団体委員長が「6時半から神奈川でパーティーがあり、これで終了」と一方的に宣言。小沢氏は「え。終わったの」と挙手する記者を気にするそぶりを見せながらも、そのまま会場を後にした。 

銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)
正座1時間、平手打ちなど15回…小1虐待死(読売新聞)
<竜巻>発生か ビニールハウス30棟損壊 鹿児島(毎日新聞)
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
秋葉原殺傷・加藤被告、胸の内語るか…初公判(読売新聞)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-04 13:10
 「秋葉原で人を殺します」。携帯サイトに犯行予告を書き込み、買い物客でにぎわう日曜日の雑踏にトラックで突っ込んだ惨劇から1年7か月余り。

 わずか2分間に、17人を殺傷したとして殺人罪などに問われた元派遣社員・加藤智大(ともひろ)被告(27)の初公判が28日午前、東京地裁で始まった。「この場を借りておわびしたい」。被害者らに謝罪した加藤被告は自らの心の軌跡を、今後の公判でどこまで語るのか。一命を取り留めた被害者も、傍聴席から耳を傾けた。

 午前10時。法廷に姿を現した加藤被告は、黒のスーツ姿で髪を短く刈り上げていた。逮捕当時と比べるとほおがこけ、顔面は蒼白(そうはく)。被告席に着く前に一度、足を止めて、遺族や被害者が座る席の方を向き、深々と頭を下げた。

 ◆「おわびしたい」◆

 村山浩昭裁判長に名前を聞かれると「加藤智大です」とか細い声で答え、職業を問われると「無職です」と少し早口で答えた。

 検察官が約10分間、起訴状を朗読した後、加藤被告は証言台の前に進んだ。

 書面に目を落としながら、「まずは、この場を借りて遺族と被害者におわびをしたい。今回、多くの人が亡くなり、大変申し訳ありません」と謝罪。起訴事実を大筋で認めた上で、「せめてもの償いとして、私にできることは、どうしてこういう事件を起こしたのかを明らかにすることです。詳しい内容は後日、説明します」と述べた。

 ◆冒頭陳述で心の動き詳述◆

 検察側は冒頭陳述で、加藤被告の心の動きを捜査段階での供述をもとに詳述した。

 それによると、加藤被告は2003年3月に短大を卒業後、派遣社員として働く中、存在価値が認められず部品のように扱われていると不満を抱いた。

 携帯電話の出会い系サイトで知り合った女性に自分の写真を送った途端、返事が来なくなったため容姿にも強い劣等感を抱き、06年頃から携帯サイトの掲示板に悩みを書き込み、慰めやアドバイスを受けていた。

 しかし08年頃になると無意味な書き込みによる「荒らし行為」が殺到。唯一の居場所を奪われたと感じ、自分以外すべてが敵だと怒りを深めるようになった。

 事件の3日前の08年6月5日には、職場で自分の作業着が見つからず、「辞めろと言われている」と思いこみ、この時、掲示板に辞める決意を書き込んだ。それでも反応はなく、「誰もまともに扱ってくれない」と怒りを爆発させ、「大きな事件」を起こして、自分を無視した者たちへの復讐(ふくしゅう)を考えた。

 そして茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅などで9人が殺傷された事件(08年3月)や、仙台市で暴走したトラックが歩行者7人を死傷させた事件(05年4月)を思い浮かべ、日曜日に人が集まる秋葉原の歩行者天国で事件を起こすことを決意。警察に捕まれば「自分の人生は終わりだ」とも思ったが、「もう生きていても仕方がない」と自暴自棄になり、復讐の方が重要と思ったという。

 犯行を決意した後も「誰かに止めてほしい」という気持ちがあり、犯行をほのめかす書き込みを繰り返したが、反応はなかった。秋葉原をトラックで走行中も人の多さに怖くなり、歩行者をはねることを3度もためらったという。

 ◆弁護側、仕事ぶり評価も◆

 弁護側は冒頭陳述で、加藤被告が中学生時代は学級委員や合唱の指揮者を務め、短大卒業後に始めた警備会社のアルバイトでは、仕事ぶりが認められ人員配置も任されていたと主張。その上で、「彼がどのように育ち、どのような考え方をするようになったのか、という視点を持ってもらいたい」と訴えた。

 よりどころとされた携帯サイトの掲示板については、数年前から1日に何度も書き込むようになり、過去には掲示板で知り合った人に会うため、青森から福岡まで車を走らせたこともあるとした。

 一方、争点となっている加藤被告の責任能力については、弁護人の意見陳述で、「完全責任能力に疑いがある」と述べたが、弁護側冒頭陳述では全く言及しなかったことから、村山裁判長から「責任能力に触れなかったが、良いのか」と尋ねられる一幕もあった。

 午前中の審理は午前11時30分ごろに終了し、加藤被告は閉廷時、村山裁判長と、遺族らが座る傍聴席に一礼して退廷した。

<津市長選>現職の松田直久氏が再選(毎日新聞)
首都高湾岸線で6台玉突き事故、8人軽傷(読売新聞)
閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
早くも花粉飛び始めた! 東京、神奈川すでにシーズン突入(J-CASTニュース)
忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
[PR]
by ixeh5p4gkf | 2010-02-03 13:15