ピアノ講師です、人は見かけによりません


by ixeh5p4gkf
 新入生の減少が続く「不人気校」から抜け出すには学力向上が必要だとして、東京・葛飾区立葛美(かつみ)中学校が20日、地域住民の力を借りながら夜間の補習教室を始める。

 参加無料で、同中OBの大学生らが講師役を務める。学校の評判を気にかけていた住民らも一役買い、答案の採点などを受け持つ。大手進学塾と連携して夜間授業を行う杉並区立和田中の「夜スペシャル(夜スペ)」が有名だが、葛美中では、下町の人情に支えられた「夜スペ」で学力向上を目指す。

 葛飾区が昨年4月、区内の公立中24校を対象に実施した学力定着度調査では、葛美中の場合、平日の勉強時間が20分以下の生徒が42%を占めた。区平均は26%。ゲームで遊ぶ時間が1時間半以上という生徒は80%で、区平均(76%)より多かった。学校別のテスト結果は区内で下位に低迷。同中では、英語と数学で習熟度別の少人数授業や、放課後の補習をしてきたが、郷原茂校長は「家庭での予習や復習が足りない面もあり、十分な効果を上げられなかった」と分析する。

 さらに、同中は以前、生徒が授業中に歩き回るなど、指導が難しい学校とされた時期があったため、学校選択制が導入された2003年以降、周辺の学校に新入生が流れ、03年4月に572人いた生徒は現在、275人に半減している。

 このため、同中では「人気回復にはまずは学力向上」と、4月から希望者を集めた夜間補習教室を始めることにし、文部科学省の学校支援地域本部事業の一環として、住民や保護者に協力を呼びかけた。これを受け、区の青少年委員や学校活動に協力している住民ら15人が「地域応援団」を結成。生徒の答案の採点や下校時の見守りを手伝うことになった。青少年委員の清水剛さん(48)は「不人気校という評判を何とかしたい。できる限りの協力をする」と意気込んでいる。

 補習教室は火・木曜の週2回、午後7時から約1時間半。今年度は1〜3年の計81人が参加予定で、宿題や学校側が用意したプリントで自習をする。分からない問題があれば、ボランティアの同中OBの大学生、アルバイトの元塾講師や会社員ら計4人の講師役に質問する。

<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)
PKO参加5原則の見直し先送り…岡田外相(読売新聞)
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作−相模鉄道(時事通信)
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」(産経新聞)
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める−78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-04-24 14:54
 交際中の女性の気を引こうと強盗事件を装い暴行を加えたとして、大阪府警枚方署は15日、住居侵入と暴行の疑いで、枚方市甲斐田町の関西外大4年、坪倉篤志(21)と吹田市千里山東の関西大4年、足達康宏(21)の両容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、両容疑者が共謀して14日午後10時ごろ、枚方市内の私立大学4年の女性(21)宅にカードローン業者を装って侵入、「金を出せ」と脅して女性の口を手でふさぐ暴行を加えたとしている。

 女性と交際中の坪倉容疑者が別れ話を切り出されたため、女性の気を引こうと強盗事件を計画。幼なじみの足達容疑者に犯人役を依頼した。坪倉容疑者は事件後すぐに女性宅に“救出”に駆けつけ、足達容疑者は何も奪わず逃走したという。

 枚方署は当初、強盗未遂事件として捜査。しかし事件後、付近の防犯カメラに両容疑者がそろって歩いている映像が残っていた。

【関連記事】
気を引こうと…図書館長、中傷ビラ「デリヘル出張中」
63歳女ストーカー、元カレの職場に居座る 警告も効果なし
「お前を殺しておれも死ぬ」 復縁断られた男、殺人未遂容疑で逮捕
「連れ子の養育費ほしい」交際相手の祖母への詐欺容疑で女を逮捕
増え続けるDV 「自分はダメ人間、私のせい…」被害意識なく気づかず

小沢氏と碁の対局約束=自民控室では言葉なく−与謝野氏(時事通信)
保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-04-21 21:00
 環境省は16日、新潟県佐渡市で巣を作り、産卵した可能性が高いとみられていた放鳥トキのペアが長時間にわたり巣から離れる状況が続いており、「抱卵」を中断した可能性が高いと発表した。同省は、天敵に卵を奪われた、人が近づいて警戒した、などの可能性が考えられるが、理由は不明としている。

 環境省によると、このペアは09年に放鳥された3歳の雄と1歳の雌。6日から交代で巣に座り込む抱卵と呼ばれる行動が観察されていたが、12日午後以降は、2羽とも巣から長時間離れているという。卵はふ化しないとみられるが、「擬交尾」などの求愛行動は続けており、再び巣を作り産卵する可能性はあるという。

 卵が目視で確認されたのは、これとは別のペアでそちらに異常はないという。

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
環境省:雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明
トキ襲撃:犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡
放鳥トキ:卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡
放鳥トキ:佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり

<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
D・フィンチャー監督&C・マリガン主演で「ミレニアム」リメイクか
民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
今月下旬にも審議入り=政治主導、国会改革法案−民主(時事通信)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-04-19 23:17
 【ヒューストン(米テキサス州)時事】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士候補者として訓練中の油井亀美也さん(40)ら3人が11日午後(日本時間12日朝)、ヒューストンのジョンソン宇宙センターでそろって記者会見し、宇宙への思いを語った。
 会見に臨んだのは、ほかに大西卓哉さん(34)と金井宣茂さん(33)。3人は昨年8〜9月にそれぞれジョンソン宇宙センターなどで訓練を開始。訓練内容はISSのデータ通信システム操作やロボットアームの動かし方、船外活動の練習など多岐にわたり、2011年5月まで続く。
 山崎直子さん(39)の搭乗で、初めてスペースシャトル発射を目の当たりにした3人。シャトルの年内退役を控え、油井さんは「40歳になったので、半分は訓練が終わったらすぐにでも宇宙に行きたいが、もう半分は行ければいつでもいい、焦らずやるという気持ちだ」とリラックスした様子で現在の心境を説明。大西さんは「なるべく早く行きたい」、金井さんは「行けと言われれば、いつでも行けるように準備はしたい」と力強く話した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕月面着陸から40年 アポロ11号

園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞(産経新聞)
<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
<JR内房線>線路わきの路盤が陥没 千葉(毎日新聞)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-04-12 23:47
 北アルプス乗鞍岳(3026メートル)を走る「乗鞍スカイライン」(14.4キロ)=岐阜県高山市丹生川町=の除雪作業が7日、スカイライン起点の平湯峠へ通じる取り付け道路・乗鞍公園線(2.5キロ)で始まった。

 3月末に降った雪の影響もあり、除雪地点の積雪は昨年より約20センチ深い約40センチ。みぞれ交じりの雨と霧の中、午前9時から、県高山土木事務所のロータリー車と除雪ドーザー各1台が厚い雪の壁を切り崩して前進。周囲の山々に響くエンジン音が、雪に埋もれた道路や木々を冬の眠りから目覚めさせた。

 全線開通は5月15日の予定。同スカイラインは、マイカーの乗り入れを規制している。【宮田正和】

【関連ニュース】
乗鞍のクマ襲撃:報告会と対策会議 体制整備や訓練提言−−高山 /岐阜

<ジュニア本因坊>神奈川の石原君が優勝(毎日新聞)
<プルサーマル>営業運転開始 伊方原発(毎日新聞)
民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
規定ない“名誉顧問”に給与月50万円 立命館(産経新聞)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-04-08 00:03