ピアノ講師です、人は見かけによりません


by ixeh5p4gkf
 政府は16日、麻生政権時の08年11月に内閣官房参与に就任した行天豊雄・元大蔵省財務官と野上義二・元外務事務次官が、同日付で退職すると発表した。両氏から辞表の提出があったという。

和歌山のパンダ、中国へ=2年後、繁殖活動に−成田空港(時事通信)
<布川事件>検察、改めて有罪立証方針 再審公判の事前協議(毎日新聞)
リュックに異物「子どもの遺体だ」(スポーツ報知)
【KANSAIハヤ耳】「本に願いを」プロジェクト 森のメープルあめ(産経新聞)
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す(時事通信)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-03-20 17:53
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、市政について説明する市民懇談会が14日夜、市内で開かれた。

 参加した市民からは、特異な言動を続ける市長に対して非難と擁護の声が上がり、市政の是非を巡って住民同士の対立が更に深まる結果となった。

 懇談会は竹原市長が就任した2008年9月以降、市内各地で開催。この日は約600人の市民が参加した。市長は「研修の一環」として市職員労働組合の役員ら8人に出席を命じており、市長が8人をステージに上げて市民からの質問に答えさせると、会場からは「つるし上げだ」と市長に罵声(ばせい)が浴びせられる一幕もあった。

 市議会本会議への出席を拒否したことについて、市長は「マスコミへのお仕置きと議会との駆け引きだ」と発言。市民からは「駆け引きは望んでいない」などの批判が出た。

 一方で、「阿久根の改革は竹原市長以外はできない」と擁護する声も上がり、市長も「結果を出す」と理解を求めた。市長は終了後、「不完全燃焼だが、お互いを理解する良い場になった」と話した。

 これまで懇談会は報道関係者に公開してきたが、今回、市長は「円滑な進行を図るため」との理由で会場内での取材を禁止する通知を出した。しかし、開会直前に市民から「マスコミにも公開すべき」との声が上がり、報道各社に傍聴のみを認めた。

分量間違え製造、大洋薬品高山工場を業務停止へ(読売新聞)
大阪市職員の車検代、受注業者が肩代わり 市処分へ(産経新聞)
シー・シェパード 捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)
アニメ好きの4人組、秋葉原で映画帰りに「突然トラックが…」(産経新聞)
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か−北九州
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-03-18 19:58
 東京都は10日、築地市場(中央区)の移転先としている豊洲新市場予定地(江東区)で実施中の土壌汚染処理実験の中間報告をまとめた。予定地で検出された高濃度の有害物質は、都の汚染処理で「無害化できることが実証された」とした。
 実験は、予定地内で特に汚染がひどい16カ所を選んで1月末から実施。都は2010年度当初予算案に築地市場の移転推進経費を計上しているが、都議会最大会派の民主党などは移転に反対している。 

【関連ニュース】
26日の事業仕分けの結果
工場跡地洗浄めぐり2000万円=「理学博士で特許ある」
仕分け対象の事業・組織
日米地位協定の改定要請=神奈川、沖縄知事
日米地位協定の見直し要請=岡田外相に松沢神奈川県知事

<平野官房長官>前年度使用分の機密費情報開示に前向き(毎日新聞)
<チリ地震津波>三重県の漁業被害は2億4000万円強(毎日新聞)
海外税制悪用、1億3千万円脱税容疑で社長告発(読売新聞)
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書(医療介護CBニュース)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車−ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-03-17 05:31
 約50年前に睡眠薬や妊婦のつわりの鎮静剤として使われたが、胎児の奇形を招く副作用が判明した「サリドマイド」は、胎児の手足の成長を促すたんぱく質の働きを間接的に妨げることが分かった。東京工業大の半田宏教授や東北大の小椋利彦教授らが、副作用の主因を初めて分子レベルで解明し、12日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 世界的な薬害事件となったサリドマイドは近年、血液のがん「多発性骨髄腫(こつずいしゅ)」やハンセン病などに優れた治療効果があると分かり、日本でも厚生労働省が厳しい使用指針を定めた上で、2008年に多発性骨髄腫の薬として承認した。しかし、妊婦にとって危険であることは変わらず、研究チームは副作用を防ぐ改良や併用剤の開発を目指している。
 研究チームは、サリドマイドがたんぱく質分解酵素を構成する分子「セレブロン」に結合し、働きを阻害することを発見した。セレブロンを含むこの酵素は、別の未解明のたんぱく質を分解することを通じ、手足の成長を促す「FGF8」を働かせる役割がある。
 このことを確認するため、身体が半透明な魚「ゼブラフィッシュ」やニワトリの卵に、サリドマイドと結合しないよう操作したセレブロンの遺伝子を導入する実験を行った。その結果、サリドマイドを投与しても、ヒトの腕に相当する胸びれや翼が正常に近く成長した。
 ヒトの場合、こうした遺伝子導入法は使えないため、サリドマイドがセレブロンと結合しないよう改良したり、結合を防ぐ別の薬剤を開発して併用したりする方法が考えられるという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
新たな耐性ウイルス発見=A香港型インフル、リレンザに
制御たんぱくの相互作用を解析=がんなど研究の基盤に
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
ワサビの辛みで老化防止?=健康食品などに応用期待

<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
生活保護受給者、180万人超に=厚労省(時事通信)
仲井真知事、自民支援での再選出馬に前向き(読売新聞)
<チリ地震>気象庁がM8.6からM8.8に変更(毎日新聞)
「頭を動かさない方がいい!」警察官に言われた被害者は… 秋葉原殺傷(産経新聞)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-03-13 05:14
 和歌山県岩出市発注の公共工事をめぐり、設計金額を業者に教えた見返りに現金を受け取ったとして、県警捜査2課は4日、収賄容疑で元市事業部長の富永幸一容疑者(60)=同市山、競売入札妨害罪で起訴=を、贈賄容疑で地元工務店社長の藤原博之容疑者(64)=同市野上野、同罪で起訴=を再逮捕した。いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、富永容疑者は同市事業部長をしていた2007年4月〜09年3月、同部が発注する工事について設計金額を藤原容疑者に教えるなどした謝礼に、現金計約20万円を受け取った疑い。
 同課によると、富永容疑者は「金のやりとりは何回もあった。合計で100万円以上はある」と供述しているという。 

【関連ニュース】
京都市主任を収賄容疑で逮捕=工事に便宜、業者から20万円
神栖市職員ら4人を逮捕=競売入札妨害で
元岩出市部長ら3人を逮捕=競売入札妨害容疑
町村会視察「記録ない」=前福岡県副知事の北海道旅行
中島容疑者、副知事就任時にも現金=町村会長側から祝い金

<伊賀鉄道>鮮やかピンク、車内は和風 新「くのいち号」きょう営業運転(毎日新聞)
盲導犬候補の子犬世話、不登校克服の生徒も(読売新聞)
<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)
子ども手当満額支給 首相「国債発行してまで…」(産経新聞)
[PR]
# by ixeh5p4gkf | 2010-03-11 07:56